com design storeinteriorevent

HIROKANE YAMASHITA EXHIBITION

 

 

こんにちは、坂本です。

 

本日は来月10月6日から開催の

HIROKANE YAMASHITA EXHIBITIONのご案内です!

10/6(sat) - 10/14(sun)

 

佐賀県で作陶されている山下寛兼さんの個展をcds∔で開催します。

今回は花器をメインに、その他うつわなど

数多くの作品をご覧いただけます。

 

 

 

 

先日のオオツカのブログで少しだけ話がありましたが

今回の個展を開催するにあたり

先日山下さんの所へお打合せをしに行ってまいりました!

今日はその時のお話を・・・

 

素敵な門構えをくぐりお宅にお邪魔すると・・・

 

ご自宅には山下さんの作品が数多く並んでいました。

 

 

こちらの一輪挿しには にらの花が。

どこにでもあるような草花もぐっと素敵に見えます。

 

 

 

 

いつもお店で見ていたイメージとはまた異なり

ディスプレイする場所や光の入り方が全く違うことで

山下さんのお宅に並ぶ作品たちは

ひとつひとつがより一層 魅力的に。

 

 

 

今回のイベントでメインとなる花器たち。

 

ころんとした小さなものから

少し大きなサイズの丸いもの、縦に長いものまで

カタチもサイズも様々。

 

 

今回うつわ作りの工程などもお聞きしました。

 

 

土だんごの状態からものづくりが始まる山下さんの作品。

 

様々なサイズの土だんごを手に取り

形を作って、くぼみをつけたり、絞ったり・・・

そのときに思い描くものがカタチとなってできていきます。

 

ひとつとして同じ形がない山下さんの作品たちは

見た目、手で触れた感覚も面白みがあって

毎回作品を拝見するうえで楽しみのひとつ。

 

 

 

ベースとなるものを塗り、焼き、また新たな土を重ね、ヤスリで削り、さらに焼くなど

2回、3回と 焼きを何度も繰り返すことによって

器の表情が変わっていきます。

 

 

 

 

写真では分かりづらいかもしれませんが

少しつぶつぶしたものが見えるこちらの花器は

石つぶが多く混じる土を使用してあります。

粘土のように混ざりがないものから、石つぶが多く混ざったものまで

おもしろそうだと感じる素材を使って作られていきます。

 

 

 

手間暇かけて作られた作品は

どれも山下さん自身が楽しんで、面白みを見つけながら作陶されるからこそ

作品のひとつひとつが表情豊かで見る人を楽しませてくれるのでしょうね。

 

 

 

今回花器をメインにお見せしてきましたが

そのほかにもカップやボウルなどの器も数多くご覧いただけます。

 

 

 

 

山下さんの作品を実際に目で見て、手で触れてみて

その面白さと、それを見つける愉しさを

たくさんのお客様に知っていただけたらと思っています。

 

会期中の10/6、10/7は山下さんにも在廊していただきます。

この機会に器の魅せる表情をお楽しみくださいね。

 

instagram

Facebook

  • cafe
    • TEL 096-285-6591
    • 〒862-0955 熊本県熊本市東区神水本町27-21
    • OPEN-CLOSE / 11:00-22:00(OS 21:00)
    • 定休日/毎週水曜日  駐車場/18台
    • 予約可/喫煙席なし/カード利用不可
  • store
    • TEL 096-285-6592
    • 〒862-0955 熊本県熊本市東区神水本町27-21
    • OPEN-CLOSE / 11:00-19:00
    • 定休日/毎週水曜日/カード利用可
  • ncom style haus
    • 株式会社コムハウス
    • TEL 096-285-6667
    • 〒862-0955 熊本市東区神水本町27-21
    • 定休日/毎週水曜日